2017.02.24

浦和、神戸、柏、広島、磐田…。
福田正博が分析するJ1各クラブの力

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Kyodo News

 昨年の2ndステージで2位に躍進したヴィッセル神戸は、昨シーズン得点王のレアンドロが最前線に位置し、中盤にボランチのニウトン、CBに岩波拓也、伊野波雅彦と、チームの骨格は大きく変わらない。ペドロ・ジュニオール(→鹿島)が抜け、噂された元ドイツ代表のポドルスキ獲得は実現しなかったものの、柏時代のネルシーニョ監督のもとで才能を開花させたFW田中順也(←柏)や、元日本代表MFの高橋秀人(←FC東京)など、派手さには欠けるものの堅実な補強をしている。

 ネルシーニョ監督は、たとえ外国人選手でも勝手なプレーを許さない、厳しい規律のもとでマネジメントしていくため、外国人選手のコントロールに不安はないといえる。序盤で勢いに乗れば、台風の目になる可能性は十分にある。

 ただし、レアンドロとニウトンを欠くことになった場合や、ニウトンとコンビを組む高橋秀人がフィットしなかったときも、難しい状況に直面する可能性がある。リアリストに徹して形にこだわらないネルシーニョ監督が、どういった采配で乗り切るか興味深い。

 サンフレッチェ広島は、昨シーズン1stステージ4位、2ndステージ10位に終わり、今シーズンも前評判はそこまで高くないが、私は上位に推したい。DFラインがこれまで通りの顔触れで安定しており、新加入した2列目のフェリペ・シウバが広島の戦術に適応しているからだ。さらに、今シーズンはACLに出場していないことも理由のひとつだ。