2017.02.22

J1復帰のエスパルス。順調な
仕上がりにも、消えない「再降格の不安」

  • 望月文夫●文 text&photo by Mochizuki Fumio

「(選手の)駒だけで言えば、大砲の大前が抜けた穴が埋まっていない。彼に代わる選手を補強できなかったことが、必ず響いてくると思う。J1のクラブを敵に回して、常にゼロで抑えられるような守備力もないので、(戦力的に)得点力が落ちた状態で、上のカテゴリーで戦うことには無理がある」

 別の解説者は、現状の戦力で難敵ぞろいの序盤戦を乗り切れるかどうか、心配する。

「白崎をはじめ、DF松原后(まつばら・こう)、FW金子翔太、FW北川航也ら元気な若手が多いので、開幕戦から連勝するようなら、勢いに乗って面白い存在になると思う。ただ、その序盤戦は、神戸、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズなど、厳しい相手ばかり。そこで黒星が続くことになれば、チームが若い分、浮上するきっかけをつかむのが難しくなるかもしれない」

 練習試合でまずまずの結果を残しているとはいえ、選手たちも決して楽観視はしていない。あるベテラン選手は、「(J1でも)なんとなくやれる気もするけど、実際に開幕してみないとどうなるかわからない。ほぼ同じメンバーで降格を経験したわけだから......」と、不安そうな顔を見せた。

 さらに別の選手も、清水と他のJ1クラブとの戦力を冷静に分析し、厳しい戦いになることを覚悟していた。