2017.02.22

1ステージ制は選手層。福田正博が
予想する今季のJリーグ上位クラブ

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • Photo by Kyodo News

 昨シーズン勝ち点4位のガンバ大阪は、今季からCB陣が一新された。新たに獲得したファビオ(←横浜F・マリノス)と三浦弦太(←清水)に、丹羽大輝を組み合わせながらシーズンを戦う。昨年はCBが安定せずに苦しんだが、スピードと高さのあるファビオと、空中戦に強い三浦の加入によって大きく改善されるだろう。

 特に、ファビオの獲得は大きい。スピードのないCBだと裏のスペースを狙われることを警戒してラインを下げてしまうことが多いが、ファビオのスピードがあればDFラインを高く保つことができる。FWからDFまでの距離感をコンパクトにすることで、選手がチェイスなどで走る距離を減らすことができ、ACLも戦うシーズンでは疲労度に大きな差が出ることになる。

 CBが落ち着いてくれば、MF井手口陽介を中心としてバランスのいい戦いができるはずだ。G大阪はスロースターターな面があるものの、過去3シーズンでは終盤にきっちりと上位争いに絡んできているだけに、今年は優勝を狙いたいところだろう。しかしそれには、攻撃陣の駒が1枚足りないように感じている。U‐20代表候補の堂安律など、才能豊かな若い選手は多いので、彼らの台頭が待たれる。