2017.02.18

阿部勇樹「すべてはレッズのため。
レッズでサッカー人生を終わらせたい」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

「レッズでベンチにいる姿......う~ん、どうだろう。レスター時代では、試合に出られないとか、ベンチ外になった経験をしたことがある。でもそのとき、どうしたら試合に出られるかを考える、いいきっかけになった。いつ試合に出るか、どこのポジションで出るかわからないけど、そのために常に準備することを学んだ。

 レギュラーだろうが、サブだろうが、目の前の試合に出るために準備する。そこに、年齢は関係ないです。新しい選手を含めて、みんなが試合に出るためにレッズにいるわけだから、そういう選手と自分の気持ちも変わらない。レギュラーを奪われたら、奪い返すだけ。プロの世界では、普通のこと」

 淡々と語るが、「集大成」と位置づけた今季は、ボランチのポジションを譲るわけにはいかない。しかしながら、今年はやれたとしても来年以降、いつかポジションを失う時が来る。そうなったとき、潔く身を引くのか、それともサッカーを続けるための道を模索するのか。

 阿部は、自らの引き際について考えたことはあるのだろうか。

「まだ、やめる気はぜんぜんないけど(笑)、レッズでやれるなら、このままずっとレッズでやりたい。レッズというチームが好きだし、レッズのために戦いたい。それが、イギリスに行って(日本を)離れたことですごくよくわかったんです。今は、レッズのために、という思いしかない。ここでサッカー人生を終わらせることができたら、幸せだと思う」