2017.02.03

ポドルスキ不要? 上り調子の
ヴィッセル神戸が、マジで今季はV候補

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 新戦力が早くチームにフィットすることは、彼らが直接的に戦力になることはもちろんだが、選手層を厚くし、さらには選手同士の競争を高め、チームとしての総合力を高めることにもつながるはずだ。

「(神戸というチームの)中に入ってみて、それぞれの選手が(対戦相手として)ピッチで戦っていたとき以上に、『ああ、いい選手だな』と思った」

 神戸の印象をそう語るのは、高橋だ。まだキャンプの段階とあって、「1シーズン戦うための体作りと、基本的なチームの戦術の練習が多い」と言いつつも、経験豊富なボランチは「そのなかで個人のアピールと、チームの戦術をしっかり理解することと、チームメイトの特徴を早くつかむというところを意識してプレーしている」と、積極的な姿勢をうかがわせる。

 また、新加入とはいえ、"勝手知ったるチーム"といった様子でキャンプに取り組んでいるのは、田中だ。田中は柏時代の2011年、ネルシーニョ監督のもと、J1を制した経験を持つ。

「戦術面の戸惑いはないので、練習はしやすい。監督がやろうとすることは、だいたいわかるし、他の選手もそれをわかって動くので、連係は取りやすい」

 再び恩師のもとでプレーする喜びを口にする田中は、新戦力である自身に求められているのは「得点」と言い切り、こう続ける。