2017.02.02

「最後までピッチにいたい」。
歓喜の裏で小笠原満男が感じていた無念

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text&photo by Sano Miki

「周りは気を使ってくれるんですけど、『いいや、やります』って言って。負荷を落としたら、終わりだと思うし。(中田)浩二が引退するとき、あいつは最後まで練習を休まないでやっていたから、オレもできるだけ休まないようにしようって、いつも思っているんですよね。

 だから、昨年も1日も休まないで全部の練習をやったし、あらゆるメニューもみんなと同じものを同じだけやった。疲れているときは休んでいいよ、って言われるけど『やります』って言って。やっぱり、そういう姿を(後輩に)見せておくことも、絶対に大事だと思うから。正直、休みてぇなって思うこともあるんですけどね(笑)」

 練習から全力でやる――これまで、小笠原の口から何度となく聞いた言葉だ。"常勝"の精神は、練習から始まっていると。

「練習も試合も常に競争だと思っているから。『オレは絶対だ』なんて思ってはいない。いつでも、ダメになったら(スタメンから)外されるっていう覚悟を持ってやっている。でもそれは、上の人(歴代の先輩)たちみんなが見せてきてくれたものでもあるんですよね。浩二もそうだし、ゴウさん(大岩剛コーチ)とか、ヤナさん(柳沢敦コーチ)も、最後までそうやってきてくれたから、オレらも同じことをする番だなって思っています。