2017.01.06

脱ポゼッションで初のベスト4。
潔い佐野日大の「守り一辺倒サッカー」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 とりわけこのやり方で割を食うのは、前線の選手となる。なかでも単騎で相手陣内に乗り込み、身体を張る野澤の負担は相当なものだろう。しかし、彼にあるのは健気なまでの自己犠牲心だった。

「自分はきついんですけど、チームが勝つためにはしょうがない。1秒でも2秒でも前で時間を作ることによって、仲間が攻撃できる。そこはハードワークすることを意識しました」

 一方でこの日もヤジが飛んだように、守備重視のスタイルに否定的な意見があるのも事実だ。

「結果が出ないうちはいろいろ言われましたけど、結果を出すことで見方が変わると思う。僕らはきれいなサッカーよりも、勝ちたい気持ちのほうが大きい。そういう想いが観ている人に伝わればいいかなと思います」(福田)

 佐野日大のサッカーを支えるのは、勝利への執念と、それを実現するための忍耐力や献身性、あるいは最後まであきらめないという強靭なメンタルだ。勝つために全力を尽くし、泥臭く、精根尽き果てるまでひとつのボールを追い続ける……。それこそが高校サッカーの本質だと思うし、だからこそ彼らのサッカーには心を動かされる何かがある。