2017.01.04

前橋育英、3連続無失点。
光る「2年生4バック」のパフォーマンス

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 加藤正昭●撮影 photo by Kato Masaaki

 その角田とコンビを組む松田は「お互いにチャンレンジ&カバーを意識したプレーができていると思いますし、ゴール前でやられたとしても最後の場面で身体を張れている。それが無失点を続けられている要因かなと思います」と、ここまでのパフォーマンスを自己分析。また、2年生のみで形成される4バックに関しては「4人とも仲がいいし、いつも一緒にいるのでコミュニケーションはうまく取れていると思います。試合中も積極的に声をかけながらやっています」と、同学年ならではのやりやすさを強調した。

「先輩がいないほうがやりやすい?」。そんな意地悪な質問をぶつけてみると、「いや、そんなことはないです(笑)。先輩には思い切ってやっていいと言われているし、本当に助けてもらっています」と、後輩として100点満点の答えを返した。

 もちろん、それは本音だろう。言うまでもなく、最終ラインだけで守備をしているわけではなく、実際に前線からのプレスは献身的だったし、キャプテンの大塚諒と長澤昂輝の3年生コンビによる2ボランチのボール奪取能力も、前橋育英の堅守を生み出す要因となっていることは、十分に確認できた。

 とはいえ、やはり2年生だけとは思えない、落ち着き払った4バックのパフォーマンスがもっとも印象に残ったのも事実。クロスを確実に跳ね返す高さ、最後の場面をやらせない粘り強さ、あるいは相手のプレスにも動じない冷静なビルドアップも含め、後ろの4人の安定感こそが、前橋育英の躍進の要因となっていることは間違いない。