2017.01.04

前橋育英、3連続無失点。
光る「2年生4バック」のパフォーマンス

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 加藤正昭●撮影 photo by Kato Masaaki

 ところが後半は一転、ピンチの連続に。遠野の鋭いカンターを受けると、失点してもおかしくない場面を最低でも3度は作られた。いいリズムにあったかと思えば、ちょっとしたきっかけで流れを失ってしまう……。それが若さゆえのメンタルの未成熟さに起因するものだとすれば、高校サッカーらしい一戦だったと言えるが、指導者にとってはやはり「難しい」と表現するしかない試合だっただろう。

 とはいえ、山田監督は「ここで負けるチームは、あそこで(流れが悪い時間帯に)ディフェンスが持ちこたえられなくて、2点くらい取られてしまう。危ない場面があったなかで、なんとかゼロに抑えたのは評価できるかなと思います」と、悪いなかでも最低限の結果を出した選手たちを称えた。

 3試合を勝ち抜いた前橋育英は、ここまで無失点を継続している。今年のチームの特長がこの堅守にあるのは間違いないだろう。興味深いのは、その中心を担う4バックが2年生のみで形成されていること。とりわけ、角田涼太朗と松田陸によるCBコンビは、高さと強さ、そして足もとの技術の確かさを備えており、個の能力の高さをうかがわせた。なかでも、角田はこの試合の決勝ゴールを決めており、攻守両面で際立った存在感を示していた。