2016.12.30

高松大樹が語るトリニータ愛。
「本音を言えばJ1に上げて引退したかった」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Sportiva

「カープの黒田(博樹)さんじゃないですけど、大事な時期にチームが一丸となればいいなという想いで、あのタイミングで発表しました。『みんなが自分のために』という気持ちになってくれれば、チームがまとまると思っていたし、サポーターの方たちもいい雰囲気を作ってくれるんじゃないかって。そういうふうに盛り上げてくれれば、相手にもプレッシャーがかかる。何とか流れを変えたかったんです」

「高松のために」と一丸となった大分は、残り2試合で栃木を抜き去り、逆転優勝を達成。見事に1年でのJ2復帰を決めている。

「正直、あそこまでうまくいくとは思わなかったですね」。そう笑う高松だが、ここ数年は常に「引退」の二文字が頭をよぎっていたという。

「引退の理由は、やっぱり自分の思っているプレーができなかったことが一番ですね。ケガも多かったですし、ここ2~3年はイメージどおりにプレーできなくなっていた。だましだましやっていた部分があったんですが、我慢してやるとバランスも悪くなってしまう。いつかは辞めるときがくるんだな……そう思いながら、ここ数年はプレーしていました」

 潮時を考えながらピッチに立ち続けていた高松にとって、J2昇格を決めてから引退するというのは、描いていたイメージだった。望みどおりに昇格を決めることができたのだから、有終の美を飾ったと言えるだろう。しかし、高松には、やり残したことがなかったわけではない。