2016.12.26

永井秀樹「何ひとつ、夢はかなって
いない。だから45歳までやれた」

  • 会津泰成●文・撮影 text&photo by Aizu Yasunari

 バブル世代は、見た目はチャラチャラしていても、仕事はひと一倍こなした。草食系は少数派で、男も女もガツガツしていた。ビジネスマンは残業や徹夜が当たり前で、テレビからは「24時間、戦えますか」と、栄養ドリンクのコマーシャルが流れていた。

 永井もまた、そんなバブル世代のサラリーマンのように、黄金期のヴェルディで「遊ぶときは遊ぶ。(仕事やサッカーを)やるときはとことんやる」という精神を、先輩たちから叩き込まれた。

 考えてみれば、49歳のカズもヴェルディOBだし、同じくヴェルディOBのラモスも41歳まで現役を続けた。永井を含めて3人ともW杯には縁がなかったが、40歳を過ぎてもプレーできる、あるいはできたのも、サッカーに取り組むうえで共通の何かがあるのかもしれない。

理想とする「引き際」があった20代

 永井はなぜ、45歳まで現役を続けることができたのか。

 実は、永井自身は長く現役を続けること自体に、あまりこだわりはなかった。引退セレモニーでも、こう語っている。

「大切なことは、どれだけたくさんのことをしたか、ということよりも、どれだけ心を込めてやってきたか、だと思います」

 永井は長く現役を続けること以上に、プロサッカー選手として、見る者にどれだけ"感動を与えられるか"にこだわってきた。