2016.12.24

バスク代表監督がレアル戦の鹿島を激賞。
「敗れざる者の誇りを見た」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 結局、延長戦はロナウドに2点を奪われ、決定力の差が出たわけだが......。

「もし、89分にセルヒオ・ラモスに2目のイエローが出されていたら(審判はカードに手をかけており、何らかの影響を考えて逡巡したのだろう)、レアル・マドリードは10人になっていた。どちらが勝者になっていただろう?」

 そしてエチャリは、激闘をこう締め括っている。

「鹿島は最後まで戦い続け、敗れざる者の誇り高さを見せた。スポーツマンシップを感じるチームだった。それだけで賞賛に値する。2得点の柴崎にはシルバーボールが与えられるべきだった」


つづきを読む>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事