2016.12.05

この日、金崎夢生はJリーグ史に名を刻む
「偉大なるヒール」となった

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 それでも、何度ピッチに倒れ込もうとも、ふたたびボールを引き出し、前へ、前へと突き進む。それを成し遂げるには、強いメンタルとフィジカルが求められるだろう。金崎は90分にわたって勇敢にその行為を繰り返したものの、ついに浦和の守備を崩すことができず、その代償として左足に大きなダメージを負ってしまったのだ。

 手負いの金崎だったが、第2戦でも役割は変わらなかった。周囲のサポートがなく、単独で仕掛けてゴールに迫る。くさびを受けようとしては倒され、ドリブルで切り裂こうとしても、最後の場面を崩しきれない。まるで第1戦の再現を見るかのような孤軍奮闘だった。

 しかし、1点ビハインドで迎えた前半終了間際、浦和守備陣に一瞬の隙が生まれる。そこを金崎は見逃さなかった。MF遠藤康のクロスに対し、大外から一気に駆け上がり、恐れ知らずのダイビングヘッドでついに浦和ゴールを陥落したのだ。

「守備のバランスはそんなに崩れてはいなかったけど、一瞬の隙を見せたらゴールまで持っていく力があの選手にはある。そこを確実にモノにした夢生君はさすがだった」

 そう語ったのは、浦和の守備の要であるDF遠藤航。わずかな隙を見せたら、やられてしまう。金崎が示したゴール嗅覚の鋭さに、若きディフェンスリーダーは脱帽するほかなかった。