2016.12.05

浦和レッズの敗戦を「他山の石」に。
J2残留に成功のツエーゲン金沢

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 共同通信●写真 photo by KYODO

 金沢の森下仁之監督はそう明かしている。CSでは、浦和が敵地で鹿島アントラーズを0-1で破ったにもかかわらず、本拠地では先制しながら1-2と逆転を許し、アウェーゴールでタイトルを逃していた。

 その教訓を生かした金沢は、集中した立ち上がりを見せている。そして34分だった。栃木ゴール前。ペナルティエリア左奥ではハイボールを中美慶哉が競り負けるが、相手がクリアしたボールの軌道をいち早く確認。そのままゴール方向に押し出したところで、やや後方から体を当てられ、PKの笛が吹かれた。これを中美自身が右足のインステップで沈めている。

「(横浜FC戦で外していたので)こいつ外すよ、と(相手選手に)囁かれ、駆け引きされましたね。絶対決めてやる、という気持ちで押し込みました。その気持ちがなかったら、ダフっていたし、思うところに行かず、決まっていなかったかもしれません。とにかくビビったらダメ。それは周りにも伝わるんで」

 昨季まで栃木に在籍していた中美は、気持ちで逃げなかった。

「(浦和レッズが逆転されるのを見ながら)こうなっちゃいけない、というのはチームとしてありましたね。(リードした)ハーフタイムでも、受け身にならずに戦おうと話していました。自分も前線から鼓舞し、チームに勢いをつけようと」