2016.11.30

勝負に徹した「まるで鹿島のような浦和」。
鉄壁の守備でJ1優勝に王手

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 サンフレッチェ広島とガンバ大阪によって争われた昨季のチャンピオンシップ決勝のスリリングな戦いを期待していたから、PKの1点のみに終わった「静かな戦い」に物足りなさが残ったのは事実。選手たちにも当然、その想いはあるだろう。だが、「タイトル」への想いが強ければ強いほど、理想ではなくリアリズムに徹しなくてはならないのだ。柏木は言う。

「もうちょっと後ろからつなぐことを意識してやっていかないといけない。ほんまは今もやりたいけど、重要なのは勝つこと。いいサッカーよりもね。タイトルを獲ることが今のレッズには必要なんで」

 いい意味で割り切り、勝負に徹した浦和の戦いぶりは、まるで数々のタイトルを獲得してきた往年の鹿島のようだった。

 これで浦和はホームでの第2戦を、勝つか引き分けならもちろん、0-1で敗れても優勝が決まる。つまり2点以上獲られなければ、タイトルを手中に収められる状況となった。

 もちろん、手負いの鹿島がこのまま黙っているはずもなく、ビハインドを跳ね返すために、より攻撃的な姿勢で臨んでくるだろう。だがこの日の戦いを見るかぎり、2点も奪われることなどあり得ないのではないか――。そう思わせるほどの、浦和の鉄壁の守備だった。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事