2016.11.29

東福岡の2連覇は盤石か。
Jリーグ内定者が語る高校選手権への想い

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva


 福岡予選でMVP級の働きをした、ガンバ大阪内定の高江 福岡予選でMVP級の働きをした、ガンバ大阪内定の高江  攻撃の中核を担っているのは、ガンバ大阪入りが決まった高江と、ジュビロ磐田入りが決まった藤川。特に高江は、自身も「チームの中心になれたと思う」と自負するほどの活躍を見せた。ピッチを所狭しとボールを追いかけ、セカンドトップとして多彩なパスを両サイドに供給。相手にスキがあれば鋭いドリブルで崩し、予選決勝の九州国際大付属との試合では、直接FKも決めるなど飛び道具も持っている。

「今のチームはいろんな攻撃ができますが、やっぱり東福岡の攻撃はサイドが中心。去年の三宅さんや橋本さんのように1人で突破するという力はないですけど、その分、多くの選手が関わることで打開することができています。僕らは、運動量が多いのでそれができるんです」

 そう語る高江の表情には自身がみなぎっていた。予選決勝のFKも自ら志願して蹴るほどの強い意志を持っているが、東福岡に入学したばかりの時はそうではなかった。現・ヴィッセル神戸の増山朝陽をはじめ、レギュラークラスの選手たちのレベルの高さにただただ驚くばかり。メンタルの浮き沈みが激しく、それがプレーに悪影響を及ぼしていたという。

「去年トップチームの試合に出るようになってからも続いていたんですが、監督をはじめ、父親からも厳しく言われたことで変わることができました。自分たちの代ではチームを引っ張る存在になりたかったですし、予選ではそれができたと思います。あくまで『チームのために』という意識を忘れずにチームを優勝に導いて、結果的に優秀選手に選ばれたいです」