2016.11.07

風間八宏のフロンターレ5年間を象徴。
大久保嘉人なしで成り立つのか

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 5年間にわたったチーム作りに手応えを感じる一方で、現有戦力を考えれば、これ以上自らの力で伸ばすのは難しい。大久保、中村憲剛といった絶対軸が健在であれば成り立つが、それ以上の戦力を望めないのであれは、理想は描けない。「非常に大きな可能性があるチーム」と語りながらも、風間監督が退任の道を選んだのは、ひとつの限界を感じたからなのかもしれない。

 もっとも、残されたチャンピンシップは風間スタイルの「真の集大成の場」となり得る。G大阪戦では不在だった小林、MF大島僚太と、代表クラスのタレントがケガから復帰すれば、風間監督が理想とするサッカーを体現できる可能性も高まる。日本中のサッカーファンが注目するこの大舞台で、川崎Fは歓喜の大輪を咲かせることができるだろうか。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事