2016.11.02

さらば「失速」。2ndを制した
浦和レッズは昨季までと何が違うのか

  • 神谷正明●文 text by Kamiya Masaaki
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 休養を経てリフレッシュした興梠と遠藤は今、再びスタメンに戻って活躍している。もし、帰国直後から強行出場させていたら、現在のパフォーマンスは出せていなかっただろう。

 今や、「主力組」と「サブ組」に大きな力の差はない。それは、日々行なわれているゲーム形式のトレーニングを見れば、よくわかる。プレーのクオリティーは両チームとも高く、「サブ組」が「主力組」よりも好パフォーマンスを見せる日も珍しくない。

 レギュラーのDF森脇良太も、選手層がかつてないほど厚くなっていることを実感している。

「ビブスを着ているチームと着ていないチーム、どっちが試合に出ても戦えるだけのチーム力がある。もし"サブ組"がJリーグに登録して戦えたら、必ず上位争いができると思う。それは大きなことだし、チームの成長かなと思う」

 とりわけ際立っているのは、得点に強く関与する1トップ+2シャドーのポジションで、出場機会を得ている興梠、高木、MF武藤雄樹、FW李忠成、FWズラタンの5選手が、非常に高いレベルで競い合っていること。最近はこの5人の誰かがゴールを決めるという試合が続いており、セカンドステージ優勝を手繰り寄せる最大の原動力となった。