2016.10.28

フットサル日本代表の再建を託す、
ブルーノ・ガルシア新監督とは何者?

  • 河合拓●取材・文・撮影 text & photo by Kawai Taku

 初日の練習を終えてそう語ったスペイン人監督は、日本が自分たちよりもランクの劣る相手に対して全力を出し切っていない印象を持っていた。そうした甘さを根絶するためにも、練習から持てるすべての力を出し切ることを要求した。

 また、ブルーノ監督の戦術的な要求も、選手たちのハードワークを促した。最初のトレーニングを始める前に指揮官は、「プレッシングのかかった状態というのは、対峙している相手を手で触れる距離にいる状態だ」と明確に示した。

 目の前の相手がボールを持っているとき、選手はその距離まで詰めなければならない――。この前提があるうえで、日本はゾーンで守備をする。そのため、プレッシングをかけに行ったファーストディフェンダー以外の選手は、ファーストディフェンダーの動き、ファーストディフェンダーがプレスをかけに行った相手の状態、自分が見張らなければいけない相手の状態、さらに他の味方の状態を判断したうえで、ポジションをとらなければならない。

 簡単に言えば、身体だけではなく、常に頭も動かさなければならないため、消耗が激しいのだ。