2016.10.24

無念のJ2降格に想う。
それでも「湘南スタイル」を捨ててはいけない

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 追い込まれながらも原点に立ち返り、自らのスタイルを存分に見せつけた。結果的に追いつけず、悲劇を受け入れざるを得なかったが、J1に在籍したこの2年で、「湘南スタイル」は地元のサポーターのみならず、多くのサッカーファンに好意的な反応で受け入れられたように思う。

「降格してしまった責任は、選手には1%もない。僕がやらせたことに対する結果として、勝てなかった、残れなかったと思っている」と切り出した曺監督は、選手、ファンへの感謝の想いを語り、自らのふがいなさを責め、最後には我々メディアに対しても「すみませんでした」と謝罪した。

 それは、指揮官のひとつの覚悟だ。2012年に監督に就任して5シーズン。湘南というクラブのサイクルは、ひとつの終焉を迎えるだろう。

 プロスポーツの世界でもっとも必要なのは、勝利である。お金を払って会場に足を運ぶファンに対し、その対価として勝利という喜びを届けるのが義務だからだ。

 一方で、プロスポーツとは興業であり、エンターテインメントである。結果にかかわらず、そのプレーで、そのスタイルで観衆の感情を満たす必要もあるはずだ。

 多くの場合、「結果」と「エンターテインメント」は決してイコールでは結ばれない。だからこそ、「結果」を目指すのではなく、「エンターテインメント」を追求するクラブがあってもいいのではないか。