2016.10.14

【恩田社長の600日】無償の愛で
チームに 尽くすサポーターは「ぎふの誇り」  

  • 恩田聖敬●文 text by Onda Satoshi


 他クラブから見たら甘いだけと言われるかもしれませんが、私にとって、そんなサポーターは、ぎふの誇りです。 

 不器用すぎるほどチームを愛してくれているサポーターの思いと行動がなければ、FC岐阜はとうの昔に消えてなくなっていました。そんなサポーターの思いは通常のモノサシではとても測れません。どうやってサポーターの思いに応え、共に成長していくか? それがこのビジネスの難しさであり、楽しさでもあります。

 2015年、ALSを公表した後、サポーターが作ってくれた私の横断幕は、社長を退任しFC岐阜を離れた今も、試合の時にスタジアムのコンコースに掲げられています。私が試合観戦に行くと、今でもサポーターの皆様から温かい声をかけてもらえます。

 私を通じて、クラブとサポーターの絆が深まったなら嬉しく思います。もしかしたら、その絆こそが、現場にこだわり続けた私の社長としての、唯一の成果かもしれません。

(つづく)

【profile】
恩田聖敬(おんだ・さとし)
1978年5月10日、岐阜県生まれ。岐阜北高―京都大―京都大大学院を修了し、2004年にネクストジャパン入社。ゲームセンター店長など、アミューズメント、エンターテインメント系の仕事に従事し、キャリアを積む。2012年、ネクストジャパンホールディングスがJトラストに吸収合併されて、同社に移る。2014年から岐阜フットボールクラブ代表取締役社長に就任。2015年1月、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症を公表し、2015年11月、社長退任を発表した。2016年6月30日に「株式会社まんまる笑店」を設立。代表取締役社長に就任。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事