2016.10.03

レッズに完敗。「勝負弱くなった」
ガンバに立ち直る術はあるのか

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 左腿(もも)に負傷を抱えながら先発したMF遠藤保仁は、「自分たちのミスが多かったし、あまりにラインが低いというか、全体的に後ろに下がってしまった」と振り返ったが、ラインを高くできない事情もあった。ディフェンスリーダーの丹羽が説明する。

「コンパクトにするのが健太さんのサッカーなので、もちろんラインを上げることは頭の中にありますが、相手がフリーでボールを持っていては、ラインは上げられない。プレッシャーをかけられているのかどうか、状況を見てラインを設定するしかなかった」

 全体的に後ろに下がっているから、効果的なプレスをかけられず、プレスがかかっていないから、ラインを上げることができない――そんなジレンマに陥っていたのだ。

 さらに、準備の段階にも問題があった。長谷川監督が明かす。

「(遠藤と井手口陽介の)ダブルボランチのところに、柏木(陽介)と阿部(勇樹)がきていたので、それはちょっと想定外だった。どちらかはくるだろうと思っていたが、二枚とも潰しにこられて。(相手が)あそこにくると(うちの)前線は空くんですが、そこでもなかなか起点ができなかった」

 しかしながら、レッズにとって今季のベストゲームと言えるファーストステージの川崎フロンターレ戦、その際にも柏木と阿部が相手のダブルボランチ、中村憲剛と大島僚太に激しいボール刈りを仕掛け、彼らを機能不全に陥らせて完勝を飾っている。そこまでスカウティングができていれば、「想定外」ということはなかったのだが......。