2016.09.20

J1残留をかけた湘南と福岡の
「裏・天王山」、それぞれの背水の陣

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 この序盤の2失点で完全にゲームプランを崩された湘南は、後半の反撃も及ばず、0-2で敗戦。これで連敗はついにふたケタに乗り、年間順位でも得失点差で福岡に抜かれて最下位に転落した。試合内容は決して悪くないのに、結果がついてこず、ツキからも見放される......。まさに、「落ちるチーム」の空気を濃厚にまとってしまっているのだ。

 ただし、そうしたある種のジンクス的なものよりも心配なのは、湘南らしさがまるで見られなかったこと。早い時間帯にビハインドを負ったこともあるだろう。福岡のハイプレスをかいくぐれず、失点後は後方をしっかりと固められたことによって、飛び出すスペースも限られた。

「福岡がしっかりと後ろを固めながら前の方はプレッシャーをかけてきた。そうしたなかで、後ろと前が分離して、前のところで起点が作れなかった」と曺貴裁(チョウ・キジェ)監督が振り返ったように、とりわけ前半は、"湘南スタイル"と呼ばれる縦に早い攻撃は完全に鳴りを潜めていた。

 前線でボールを収められるFWジネイの投入で、後半は盛り返していくつかチャンスを作った。だが、ジネイやFWウェズレー、MF菊池大介らが決定機をことごとく逃し、ノーゴールのままタイムアップの笛を聞いた。