2016.09.10

ガンバ大阪、エンジン全開。逆転
優勝への「燃料」は開眼した長沢駿

  • 高村美砂●文 text by Takamura Misa
  • photo by AFLO

「もともと考えてプレーするタイプなのですが、ここ最近は、考えるより先に身体が反応して、本能的なところで(点が)取れているような気がします」

 強烈なインパクトを残した湘南戦での1点目、同点弾となったあの強烈なダイレクトボレーシュートも、動き出しを含めて、頭に思い浮かんだアクションに誘われるように身体が自然に反応したのだと言う。

 ますます勢いに乗る長沢だが、なおも特筆すべきは、長沢の存在が他のFW陣の意識を触発していることだ。それは、YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦において、プロ初ゴールを記録したFW呉屋大翔の言葉からも見てとれる。

「(長沢)駿くんが点を取り始めて勢いづいていて、この試合の前にも相手の守備のことや、ガンバのゲーム運びについて、(長沢と)ずっと話をしていた。それも(自分の)初ゴールにつながったんだと思います」

 また一方で、YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦では、長沢の2ゴールのあと、アデミウソンもスーパーゴールを2発叩き込む活躍を見せた。あとは、パトリック、藤本淳吾がこの波に乗ってこられれば......。

 ともあれ、チーム内で選手同士が刺激し合って、いい競争ができているガンバ。「誰が出ても点が取れる」状況になりつつある今、先に見えるのは、もはや"てっぺん"しかない。

逆転優勝を狙うキーマン(1) サガン鳥栖>>

逆転優勝を狙うキーマン(2) ヴィッセル神戸>>

逆転優勝を狙うキーマン(3) 柏レイソル>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事