2016.08.20

川崎F・小林悠が語るチームの変貌
「風間監督のゲキも今季は熱い」

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

――チームメイトに要求することは昔からできていたのですか。それとも、経験を積んだことでできるようになったのでしょうか?

「昔はできていなかったですね。パスさえもらえれば"ゴールできる"という自信がついてからですね。それと、要求することで、自分のプレーも、チームのプレーも、劇的に変わるということが実感できてからです。

 実は、パサーが状況的に難しいと思っていても、パスを受けるこちら側からしてみたら、抜け出せるイメージができているときがある。それを伝えなければ、いつまでもパスは出てこないし、チャンスを逃してしまう。僕が要求したことでパスを出してくれて、もしミスになったとしても、それは出した選手の責任ではなく、『出せ』といった僕の責任。チームメイトには、それを伝えたことで、厳しい状況でもパスを出してくれるようになり、実際、得点も増えた。それに、たとえミスをしたとしても、またトライすればいいことですから」

――今シーズンは主に右サイドでプレーしています。自分としては、それでもストライカーという意識は強いのですか?

「う~ん、どういう選手がストライカーなんですかね。その定義が難しいですよね。ただ、厳しい状況やチームが苦しいときこそ、自分が得点しなければいけないとは常に思っています。