2016.08.19

7試合連続G。フロンターレ小林悠に
大爆発のわけを直撃してみた

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

――しかしその結果、負傷する回数が劇的に減り、開幕からコンスタントに出場できています。他にも取り組んでいることはありますか?

「すべて昨シーズン途中から始めたことなのですが、ヨガとマウスピースと水分補給ですかね。ヨガは練習後に通い始めてみたら、自分の身体に合っていると思ったので、今も続けています。マウスピースは、下の奥歯4カ所だけにしているんです。以前、上の歯のマウスピースをしたことはあったんですけど、そのときは合わなくて、練習で試しただけですぐにやめてしまいました。

 でも、昨年、肉離れのケガが続いたときに、トレーニングコーチの川崎英正さんに『マウスピースをしてみたらケガが減るかもしれないよ』って言われて、かかりつけの歯科医院で相談してみたら、『下の歯にはめるマウスピースもありますよ』って言われて。それで試してみたら、全然、気にならないので続けるようになったんです。

 それ以降、ケガもなくなり、今では練習前のジョグの際につけ忘れているだけでも怖いくらい。忘れたときは、慌ててスタッフに『持ってきてください』って言います(笑)。(マウスピースをすると)キック時のパワーが出るとか、相手とのボディコンタクト時に力が強くなるって説明されたのですが、実際の効果はわからないんですけどね」