2016.08.05

セカンドステージ無敗。「絶好調」サガン鳥栖に何が起きたのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

 しかし、セカンドステージの鎌田は積極的に前線に出てボールを呼び込み、得点機を作っている。ボールを呼び込む動きと、ボールを入れる動きのタイミングが合ってきた。鹿島戦の決勝点も、鎌田が果敢にゴール前へ飛び出して逆サイドからのクロスを呼び込み、ヘディングで合わせたシュートの跳ね返りを、豊田が押し込んだものだった。

 クラブ本来の粘り強さとイタリア人の戦術的鍛錬がシンクロし、攻守の両輪が噛み合い始めている。鳥栖は今週末のガンバを皮切りに、川崎フロンターレ、浦和レッズと上位陣との戦いが待つ。3連戦は、今後を占う試金石となるだろう。

「守ることに集中して、いい試合運びができている」

 フィッカデンティは自信を見せる。イタリア式が充実しつつあることは間違いない。

関連記事