2016.07.22

サッカー試合を丸見えに。データスタジアムの驚速入力を見た!

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva

 冒頭に触れたように、メディア向けのデータは、サッカーだけでなく、多くのスポーツで目にする機会が増えている。野球でいえば、ネットで流れる「一球速報」で試合経過をほぼリアルタイムで見られるなど、試合を映像で観戦できないファンにとっても利用価値は高い。

 そんなデータスタジアムが、新たな試みとして7月23日(土)から開催される小中高生向けのサッカー大会、「ニューバランスチャンピオンシップ2016」でも試合の分析を行なうことになった。これは世代ごとに別れたサッカー大会なのだが、今年はトーナメントを勝ち抜いて決勝戦に出場した両チームには、データスタジアムのオリジナル分析フォーマットで作成されたレポートが提供されるという。

 プロチームで使用されているのと同じ詳細なデータを見れば、チーム関係者だけでなく、子どもたちも心を躍らせるに違いない。大会の先陣を切るのは、静岡県裾野市の時之栖スポーツセンターで試合を行なうU-13の中学1年生たち。25日(月)に行なわれる決勝戦の試合データから、両チームはどのような発見があるだろうか。

決勝まで進んだ両チームには、何項目にもわたる詳細データを提供(サンプル)決勝まで進んだ両チームには、何項目にもわたる詳細データを提供(サンプル)


■写真、データ提供:データスタジアム

関連記事