2016.06.29

芝生を植える男、G大阪・丹羽大輝「日本代表のレギュラーを目指す」

  • 竹藤光市●文・写真 text & photo by Takefuji Koichi

――ここ(益城町のあじさい幼稚園)に来ることになった経緯は?

 ニュースで益城町は被害が大きかったことを聞いていましたし、家が全壊したという野田の地元もここであると知り、あじさい幼稚園を選びました。実際ここに来ると、倒壊している家がたくさんそのまま残っていて、心が痛みました。

 でも、子供たちはめちゃくちゃ元気ですね。ただ、ひとりの子供が『お父さんがいない』と冗談ぽく言っていて、多分……そういうことなのかなと思いました。彼らは人間形成されるデリケートな時期。このイベントを大人になった時に思い出してくれたり、夢や目標を持つきっかけになったらうれしいです。

 この活動をしていていつも思うのですが、自分たちは与える側ではなくて、子供たちからパワーを与えてもらっているなと。僕らもこういう職業なので、応援してもらってなんぼだし、サポーターをもっと増やして、サッカー界を盛り上げてもらわないと。

 何年かかるかわからないけれど、こういう活動を続けていくことで、少しずつでもサッカーが日本の文化として根付いていけば、という思いもあります。だからこそ、若い選手にも活動に参加してもらって、さらにその下の世代にも引き継いでもらいたいですね」