2016.06.13

ナイーブだったレッズ、老獪なアントラーズ。
J1の大一番を分けたもの

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 MF宇賀神友弥のパスが、そのまま鹿島のMFカイオにわたって速攻を許すと、MF柴崎岳、金崎とつながれて先制点を与えてしまう。

 その後、浦和は攻撃の手を強め、鹿島を押し込んだものの、終了間際にPKを与えて2点目を献上。力尽きた。

「ビルドアップでのミスは失点につながりかねない。失点につながるミスはいただけない。今日の敗戦を機にしっかりと学ばないといけない」

 そう振り返ったのは、槙野だ。その後の試合運びについても「自分たちのミスで失点したので、多少焦りはあったのかもしれない」と続けた。

 一方、武藤はチャンスがあったのに決められなかったことを悔やんだ。

「僕だけでも、4、5本のシュートシーンがあった。その中にはビッグチャンスもあったので、決められなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。決めないと勝てないし、鹿島は金崎選手が決めたから勝った」

 前がかりのときに相手にカウンターの機会を与えるミスを犯せば、失点の確率は高くなる。決めるべきときに決めなければ、当然のことながら白星は逃げていく。

 確かにふたりの指摘どおりだが、それ以上に気になったのは"ナイーブな"試合運びだった。あれだけ最高のスタートを切ったのに、ゴールを奪えないでいると、自ら焦(じ)れて逆襲の機会を許し、試合の流れをみすみす手放してしまった。