2016.05.02

監督交代で4連勝。柏レイソルの強さは「日本のアトレティコ」か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

「ゲーム全体の主導権は握れず、とくに前半は苦しみましたが、選手たちが集中して戦ってくれました」

 そう語ったのは下平監督である。柏は辛抱強く、チームとしての練度も高かった。監督就任早々、最初に見せたプレービデオは戦闘集団のようなアトレティコ・マドリードの守備セレクションだったという。ボールサイドに素早く組織的に寄せ、敵ボールホルダーをすかさず“ケージに入れる”。各選手の出足は鋭く、球際も激しかった。そもそも先制点のFKは、3人の選手が3度連続で局面の戦いに勝利して得ているのだ。

「選手はプレッシャーをかけ続けてくれました。走れる(質と量の)ベースが上がっていると思います。中川(寛斗)はプレスをかけ続けられるし、それに伴い、ディエゴ(オリヴェイラ)も(走る量が増えた)。一人ではなく、連動してプレスをかけられています。全体としてラインをコンパクトに保ち、オフサイドも何度かとれましたね」

 そう語る下平監督は、采配も臨機応変だった。後半は3-4-3から4-1-4-1に変更し、中盤を厚くして盛り返した。後半8分にはヘディングのクリアを中川がボランチの前でカットし、DFを引きつけてディエゴにパス。4選手がエリア内に殺到する中、最後は伊東が押し込んだ。