2016.04.25

F・マリノス、手負いの広島に完敗。「相手をリスペクトしすぎ」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

「特に前半は技術的なミスが出たり、スピードが足りなかったりして、ブロックを崩せなかった。サイドで前に行く、イニシアチブを握るような攻撃ができず、コンビネーションも足りなかったと思う。それに中盤で奪って、そのままの勢いでボールをゴールに運ぶプレーができなかった。ボールタッチ数が多すぎた」

 前半15分だった。F・マリノスはGK飯倉大樹がこぼれ球をつかみそこね(脇を通し)、広島のFWピーター・ウタカに押し込まれ、先制を許した。

 F・マリノスの攻撃はほぼ機能していない。右サイドに入ったMFマルティノスは"失踪中"に近かった。ボールは収まらず、ポジション取りは支離滅裂、守備の強度が低すぎてプレッシングにもならない(FWカイケも五十歩百歩の出来)。右からの攻撃が展開できないことで、左の攻撃も減退した。その結果、前半はシュート1本に終わっている。

「今日の広島は覇気が感じられなかった。勝てる試合だったと思う」

 そう言って悔しがるMF齋藤学は、左サイドから積極的に踏み入ろうとした。後半に入ってからは両チーム最多の4本のシュートを打っている。

「もっと前に向かって、速い攻撃を仕掛けるべきだった。ペースダウンせずに。それに仕掛ける姿勢を見せないと、相手も怖さを感じない。そのせいで、失敗した部分はありました。ただ、あえてやっていたところもあって」