2016.04.12

横浜FM対浦和戦で光った、MF遠藤渓太とGK西川周作の勝負

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 トップスピードで走り込み、このパスを拾った遠藤はスピードを上げようと焦ったのか、その瞬間、ドリブルのボールタッチが大きくなった。結局、遠藤はシュートにさえ至らず、西川にボールをキャッチされてしまうのである。遠藤が振り返る。

「ドリブルが大きくなってライン際まで行ってしまい、(西川に)シュートコースを切られてしまった。中でMFマルティノスが呼んでいたみたいだったけど、僕はそこも見えていなかった。あれでは、西川さんは余裕だったと思う」

 日本代表GK対新鋭アタッカーの3本勝負は、西川の3戦3勝(パスを選択させた2度目は、浦和ディフェンスの勝利といったところだろう)。日本代表GKが貫録を見せつける形で幕を閉じた。遠藤自身、「こういう場面をあまり経験していないので、他のGKとは比べられないが」と前置きしたうえで、「シュートを打つときにも、西川さんは大きく感じた」と語ったとおりだ。

横浜F・マリノスのカウンターを封じた浦和レッズGKの西川周作 いわば、蛇に睨(にら)まれた蛙。シュートに至った1度目の対決にしても、自ら強引に持ち込んだというより、どうしていいのかわからずにシュートを打つしかなく、難なく西川に止められてしまった印象だった。

 チームが劣勢の試合展開で訪れた千載一遇のチャンス。これを決めれば、たちまちヒーローという“オイシイ”場面である。だが、遠藤には「そんな余裕はなかった」。