2016.04.04

川崎Fと鹿島がⅤ候補であることを改めて証明した「天王山」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 そこには、負傷者が相次ぐ中、ベストの布陣で戦えないという事情もあった。特にFW大久保嘉人、MF大島僚太を欠いたのは痛かった(大久保は後半途中から出場)。風間監督は語る。

「我々が同じくらいのテンポでサッカーをしてしまった。人が変わるとうまくいかない。今日もそれなりにはできているが、根本的にはいつものペースが出ない」

 中村もまた、「中盤の真ん中でタメができない。攻撃が単発で同じリズムになる。僚太のリズムは誰も出せない」と認める。

 だが、こうした事態は長いシーズンでは必ず起きること。つまり、それを乗り越えられないクラブは優勝の可能性を大きく下げてしまうということだ。

 風間監督はあくまでもポジティブに、同点ゴールが生まれた場面(DFラインの背後に飛び出したFW小林悠へ、MF田坂祐介がパスを送ったことが、最終的にMFエウシーニョのゴールにつながった)について、こう振り返った。

「誰が出ても同じようにプレーできるということが、少しずつ見えてきた1点だった。悠はああいうの(相手のマーク)を外すのがうまい。そこへ田坂が(パスを)出したりして、いろんな人が(周りの動きを)見えてきているんだなというワンプレーだった」