2016.02.26

横浜の一等地から河川敷へ。環境激変のF・マリノスがなぜか元気に

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Kyodo News

 開幕を前に、とても楽観はできない。しかし小林、中澤佑二、ファビオらで組むバックラインは堅牢なまま、齋藤に飛躍の予感が横溢(おういつ)し、天野、喜田拓也、前田直輝ら若手の意気は上がる。

「(プレミアリーグで首位を争う)レスターのように、みんなで我慢し、ハードワークで一つになれば、トップも狙えると思うんです。(リヤド・)マフレズでしたっけ? いい選手ですよね! あんな感じで得点が取れたら」

 齋藤は頬を紅潮させたまま、ロッカールームに戻っていった。
 
Jリーグ 記事一覧>

関連記事