2016.02.25

「まとめ役」松井大輔が語るジュビロ磐田、王者復活への手応え

  • 望月文夫●文・撮影 text&photo by Mochizuki Fumio

 とはいえ、まだまだ課題はある。名波監督は今季、「守備の安定」や「守備から攻撃への切り替えの速さ」を強化ポイントとしてきたが、それらの精度は上がってきているものの、まだ完璧というところまでには至っていない。さらに松井はもうひとつ、向上すべきポイントを挙げた。

「“ゲームを読む力”ですね。それを全員が身につければ、もっといい方向に向かっていけると思う。例えば、相手のサイドハーフのところで(攻撃の)起点を作られていたとして、僕らとしては、そこにボールを預けられないようにしたい。そのための戦略を、ピッチ上の選手たちがすぐにわかり合って実践できればいいな、と思っています。ボールの出どころを素早く潰しに行ったり、ボール回しのスピードを変えたり、ピッチ上の選手同士がうまくコミュニケーションを取りながら、瞬時に対応し、スムーズに展開できるようにしたいですね。今でも多少はできるようになってきているんですが、J1の厳しい戦いの中では、もっと高めていかなければいけないと思っています」

 では今季、松井個人としては、どれだけの手応えを持っているのだろうか。おそらく昨季に続いて、今季も途中からの出場が多くなるだろうが、ボールホルダーの松井には、試合を決定づけ、試合を無事に終わらせる重要な任務がある。また、キャリア豊富な彼にしかできない“チームのまとめ役”としての重責も担う。松井の貢献なくして、チームが掲げる目標、勝ち点40という数字はクリアできないはずだ。