2016.02.25

「まとめ役」松井大輔が語るジュビロ磐田、王者復活への手応え

  • 望月文夫●文・撮影 text&photo by Mochizuki Fumio

 もちろん、ベースとなる面々の中に、新たな顔ぶれも加わった。今季の新加入組では、FW齋藤和樹(ロアッソ熊本→)や、左サイドバックの中村太亮(ジェフユナイテッド千葉→)、そして古巣に戻ってきたDF大井健太郎(アルビレックス新潟→)らが開幕スタメン候補に名を連ね、他にも期限付き移籍から復帰したMF山本康裕(新潟→)や、新卒のFW小川航基(桐光学園高→)など、力のある選手たちがあとに控えている。

 それだけ、今季の磐田は充実した補強ができた。その結果、チームの底上げが図れたことも「大きなプラスになっている」と松井は語る。

「もともといる選手もライバルだと思っていたけど、実力のある選手たちが新たに加わって、選手間の競争が一段と熾烈になった。みんな、『試合に出たい』という思いを強く持っていて、『やらなければいけない』という気持ちがこれまで以上に強くなったように思う」

 選手層が増して、チーム力が確実にアップした磐田。そのうえで、既存の選手と新加入選手とのコンビネーション、その融合についても、松井は「うまくいっている」と言う。

「キャンプから帰ってきたあとも、既存の選手とか、新加入選手とか関係なく、選手同士が一緒に食事をする機会を積極的に作ったりして、だんだんチームがひとつになってきた。それで、徐々にピッチ上の連携もよくなってきました。これからも選手間で頻繁にコミュニケーションをとって、それぞれの選手がお互いの動きや特徴をもっと理解できれば、さらにコンビネーションも高まって、よりスムーズな試合運びができるようになると思います」