2016.02.06

J1復帰に光。清水エスパルス「きつい練習」で地獄のJ2に備える

  • 望月文夫●文・撮影 text&photo by Mochizuki Fumio

 そして、鹿児島キャンプを控えた清水での最後の練習日、紅白戦が実施された。選手たちの疲労はおそらくピークの状態だったはずだが、意外にもピッチ上の選手たちの動きはよく、“試合”としてしっかり成立していた。

 試合後、多くの選手が「疲労の蓄積で体は重い感じがしたけど、最後まで体が動いた」と口にした。小林監督の思惑どおりに事が運び、そこまでの体力強化が実を結んだことが証明された瞬間だった。

 その後、冒頭の『スカパー! ニューイヤーカップ』で鹿児島と対戦。厳しい練習を積み重ねてきたうえで迎えた、今季最初の対外試合だった。5-1という結果は、まさに年明けからのトレーニングの成果を示すものだ。

 また、その試合内容からは、チームの変化と進化がはっきりと見られた。当日のテレビ解説を務めたクラブOBの松原良香氏が語る。

「昨季と違うのは、まず試合の終盤まで選手全員の反応がよかったこと。そして(戦術に縛られた)窮屈さがなくなって、のびのびとプレーしている印象が強かった。試合後の選手の目が生き生きしていたね。(小林監督が志向するサッカーを)やらされている感じもないし、シーズン初のゲームでこれだけのパフォーマンスができたことは、選手にとっても自信になったはず」

 J1復帰へ、“新生”エスパルスは幸先のいいスタートを切った。