2016.01.12

MLS移籍の工藤壮人。柏レイソルの後輩からかけられた言葉

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 松岡健三郎/アフロ●写真 photo by Matsuoka Kenzaburo/AFLO

 結局、吉田体制は1年で終了。彼はゴールゲッターとして自由に振る舞える状況を求めていたのかもしれない。プロとして、環境を変える必要があった。しかし幾ばくかのもどかしさも感じていた。

 チームを去ることが慌ただしく決まったときだった。後輩選手から思いがけない言葉をかけられた。

「工藤君がいなくなるというのを知って、ようやく工藤君が背負ってきたものを知ったような気がします。でも、安心してください。これからは自分たちが背負っていきますよ!」

 レイソルユースの後輩でもある秋野央樹からの言葉は、工藤の心に染み入ったと言う。

「自分がチームのためにやってきたことを、若手選手が感じてくれていたんだなぁ、と思うと嬉しかったですね。いい手本とまではいかなかったと思っていたんで……。(天皇杯準決勝の)レッズ戦後、小林祐介に『ありがとな、これから頼むぞ』と伝えたときにも、あいつは大泣きして、『お世話になりました』って労(ねぎら)ってくれて。特に目をかけて可愛がってきた二人(秋野、小林)だったのもありますけど、お金以上の何かは残せたのかもな、と。二人には五輪メンバーに入り、レイソルを背負っていってほしいですね!」