2016.01.10

高校サッカー決勝。東福岡vs國學院久我山の勝敗を決めるカギ

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Etsuo Hara/Getty Images

 後半に入ると、やや青森山田が押し返した時間帯もあった。だが、1試合を通して見れば、試合を優勢に進めていたのは、明らかに白のユニフォームである。試合終了間際のアディショナルタイムに決勝点が決まるという劇的な結末ではあったが、試合内容に照らせば、國學院久我山の勝利(2-1)は妥当な結果だった。

 磨き上げてきた個人技をベースにした、流麗なパスワークと鋭いドリブル。國學院久我山は自らの武器を駆使し、堂々と青森山田をねじ伏せた。チームを率いる清水恭孝(しみず・やすたか)監督も、「粘り強く、したたかに久我山らしさが出せた」と笑顔を見せる、会心の勝利となった。

 キャプテンのDF宮原直央(みやはら・なお/3年)が、「この大会を通じて粘り強さが身についた」と言えば、攻撃の中心を担うMF名倉巧(なぐら・たくみ/2年)が「この大会で一試合、一試合、成長している」と話す國學院久我山。この準決勝での勝利(というより、勝ちっぷり)を通じて、また一段階、評価が上がったのは間違いない。宮原は「東福岡はすごく強いチーム。最高の相手に勝って絶対に優勝したい」と、初優勝へ意気込む。

 一躍、注目の存在となった國學院久我山。はたして、このまま頂点まで駆け上がってしまうのだろうか。

 國學院久我山が決勝で勝利するためには、準決勝同様、自分たちでボールを支配する展開が必要になるだろう。名倉は「自分たちが積み上げてきたものは、それしかないから」と語り、自慢のパスワークで真っ向勝負を挑む構えを見せる。