2015.12.31

名波浩監督が明かす、ジュビロを救った「奇跡のゴール」秘話

  • 渡辺達也●構成 text by Watanabe Tatsuya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

福田 元イングランド代表でもあるジェイ・ボスロイドね。彼は、どういう経緯で獲得したの?

名波 詳しく話すとちょっと長くなるんだけど、簡潔に言うと、ジェイはタイでプレーしていたんですが、契約を解除して「日本でプレーしたい」という希望を本人が持っていたらしいんですね。そうしたら、シゲヨシ()から電話があって、彼を通じて(ジェイが)会いたいと言ってきたんですよ。それで実際、1回は会ったんですが、実はすでにうちの外国人枠は埋まっていて、最初は断ったんです。ところが、ジュビロの鹿児島キャンプが始まってみると、契約を前提としていたパラグアイ人のDFが今ひとつだった。いい選手だったんですが、幸か不幸か、合格には至らなかった。そこですぐ、ジェイに「鹿児島に来い」って連絡したんです。そして、次の日くらいには契約したんですよ。
※望月重良/SC相模原代表。現役時代は主に名古屋グランパスで活躍。元日本代表。名波監督とは清水市商高時代の後輩でもある。

福田 それは、ラッキーだったんじゃないの。最終的にはJ2の得点王を獲得できたわけだから。そういう意味では名波監督も“持ってる”ね。

名波 そこは、持ってましたね(笑)。GMの加藤久さんや強化部長のハット(服部年宏氏)とかは、一切(ジェイとは)会ってもいないんですが、「とにかく、オレを信じてくれ」と説得して、獲得してもらった。

福田 そうして、シーズンを戦うメンバーが決まって、どういったことをメインに取り組んできたんだろうか。

名波 まずメンタル的なことを言えば、J1昇格プレーオフで負けた「昨季のあの悔しさは忘れるな」と言ってきましたね。あと、相手がもう、うちを過大評価してリスペクトして戦ってくるわけじゃないってことも言いました。戦術的には、いかに高い位置でボールを奪って、いかに速くフィニッシュまで持っていくか。その点は特化してやってきたので、最初の15試合くらいは非常にいいものが出せていましたね。たぶんJ2の中では、ボールを奪うエリアが一番高かっただろうし、ボールを奪ってからフィニッシュまでの時間も一番速かったんじゃないかな。そこは、選手も自信を持っていたと思います。