2015.12.31

名波浩監督が明かす、ジュビロを救った「奇跡のゴール」秘話

  • 渡辺達也●構成 text by Watanabe Tatsuya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

名波 そういう状況に備えて、パワープレーの練習をしていましたから。本来DFの藤田義明をフォワードのポジションに入れて、ロングボールやサイドからのクロスで(藤田の高さを生かして)どうにかしようと思っていたんですよ。それで、最初はMFアダイウトンと(藤田を)代える予定にしていたんですが、アダイウトンはペナルティーボックスの中までボールを運べば、最後にドカーンっていうパワーを持っているから、ボランチの上田康太を引っ込めることにしたんです。

 ところが、ベンチで交代の準備をしていると、試合が再開されて、左サイドバックの宮崎智彦からアダイウトン、康太とつないで、康太のシンプルなクロスからMF小林祐希がシュートを決めた。あの場面、左サイドでアダイウトンがタテのスペースに走り込んだ康太につないだんだけど、大分のボランチがバテていて、康太にはパウリーニョが(マークに)ついていかざるを得ない状況になった。もし普通にボランチの選手に対応されていたら、(上田が)潰されているか、スローインになっていた。選手がみんな前向きだったこともあるんですが、あれはラッキーでしたね。

福田 あっという間の同点劇だった。何が起きたんだって感じだったよ。それでも、同点に追いつかれたときも、名波監督はすごく冷静に見えていた。

名波 冷静でしたね。

福田 バタバタしちゃうというか、慌てるような感じはなかったの?

名波 腹の中では「オレ、持ってねぇな」って、その連呼ですよ(笑)。とにかく「これは、オレが悪い」って、それだけ。昨年のことも含めてね。