2015.12.29

J内定者もゾロゾロ。高校サッカー選手権、注目のV候補5チーム

  • 粂田孝明(ストライカーDX編集部)●文 text by Kumeta Takaaki(STRIKER DX)
  • photo by AFLO

 守備では、危険察知能力に優れたU-18代表のGK脇野敦至(わきの・あつし/3年)が最後方にドンと構え、積極的な飛び出しとコーチングで相手の攻撃を封じ込める。

 抜けた存在はいなくても、チームとしての穴がなく、攻守のバランスは随一。高校屈指の“チーム力”を誇る東福岡が、昨年果たせなかった夏、冬二冠達成を狙う。

 ここまで今大会の有力5校を紹介したが、選手権では前評判の高いチームほど厳しいマークにあって、かなりの苦戦を強いられる。過去3大会を見ても、優勝候補と目されたチームは早々に姿を消してきた。代わって、第91回大会は鵬翔(宮崎県)、第92回大会は富山第一(富山県)、第93回大会は星稜(石川県)と、いずも伏兵校が優勝旗を手にしてきた。

 今や、選手権と言えば、番狂わせは当たり前である。そんな中、今大会注目の大津、青森山田、桐光学園、市立船橋、東福岡の5校は、どんな戦いを披露し、どんな結果を残すのか――。誰も予想がつかない、筋書きのないドラマがいよいよ始まる。

『ストライカーDX』では
「第94回全国高校サッカー選手権大会」期間中、
全試合のレポートを掲載!>

関連記事