2015.12.29

J内定者もゾロゾロ。高校サッカー選手権、注目のV候補5チーム

  • 粂田孝明(ストライカーDX編集部)●文 text by Kumeta Takaaki(STRIKER DX)
  • photo by AFLO

 Jクラブ内定者こそいないものの、ここで取り上げないわけにはいかないのが、インターハイ決勝で市立船橋を破った東福岡(福岡県)だ。互いに取りこぼしがなければ、この両雄は3回戦で激突することとなる。

 東福岡のこの1年は、文句なしの実績を誇る。インターハイで優勝し、プレミアリーグWESTでは2位。しかもリーグ優勝のガンバ大阪には、2連勝と圧倒している。

 今年のチームは“反骨精神”を持って、一歩ずつ着実にステップアップしてきた。というのも、昨年は増山朝陽(ヴィッセル神戸)、中島賢星(横浜F・マリノス)ら多彩なタレントをそろえていたが、それに比べて今年はタレント性で劣り、それによって「弱い」というイメージを持たれていたからだ。

 新チームがスタートしてからは、ずっとそのイメージ払拭に努めてきた。誰もが粘り強く戦って、決して「個」に頼ることなく、磐石のチームワークを磨き上げていった。おかげで、チームは“勝てる集団”に成長した。

 そのサッカースタイルは、サイド攻撃とパスワーク。1トップの餅山大輝(もちやま・だいき/3年)が高さと強さを生かしたポストプレーで前線の起点となれば、2列目の中村健人(なかむら・けんと/3年)と藤川虎太朗(ふじかわ・こたろう/2年)がつなぎ役を果たし、スルーパスやワンツーなどで敵DFラインの裏やサイドのスペースを攻略していく。