2015.12.22

サンフレッチェ広島の強さは、世界3位に「満足しない」選手たち

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 あるいは、3位決定戦で今大会初出場を果たしたMF宮原和也。

 今季J1でのリーグ戦出場は3試合に過ぎなかったが、19歳の俊英は大舞台でも臆することなく堂々たるプレーを披露。その姿は頼もしく、172cmの小柄な体もひと回り大きく見えた。

「使ってもらえるとは思っていなかったのでうれしかった」と初々しく話す一方で、「久しぶりの公式戦だったので『やってやろう』という気持ちはあった。リバープレート戦を(ベンチで)見ていて、自分もやりたいなと思っていた」と強気な姿勢も見せる宮原は、さらなる飛躍を期して語る。

「もっと(試合出場に)絡んでいかないといけないし、来年はしっかりレギュラーを取るという気持ちでやりたい」

 図らずも厳しい日程が、広島の戦力の底上げを促す結果となった今大会。「我々は育成型クラブの哲学のもとで、ひとりひとりが成長し、チームとして成長してやっていく」と語った森保監督の言葉が、決して単なる理想論ではなく、現実のものとして進んでいることを証明した大会でもあった。

 今大会で出色の活躍を見せ、チームの先頭に立って成長を続ける青山が語る。

「それが、チームのあるべき姿。次(にクラブW杯に出るとき)は自分が出られないかもしれないし、それくらいチーム力はついてきている。大事なのは、チームが強くなること。これ(3位になったこと)でよしとは思わないし、みんなが悔しい思いをして次へ向かう。満足している選手はいないと思う」

 今大会をきっかけに、広島はまた強くなる。今年、広島が自ら示した”3年後の姿”は、未来へ期待を抱かせるに十分なものだった。

Jリーグ記事一覧>

関連記事