2015.12.11

大凡戦に手応えあり。サンフレッチェが求めるのは「結果のみ」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 開幕戦から中2日で臨む準々決勝で対戦するのは、アフリカ代表のマゼンベ(コンゴ民主共和国)。青山は「今日みたいに簡単な試合じゃないのはわかっている。ただ、やれる手応えはある。結果だけを求めてやりたい」と腕を撫(ぶ)す。

 広島は前回出場した2012年大会では、準々決勝で同じアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)に1-2で敗れている。攻勢に試合を進めながら、チャンスを生かせずに落としたもったいない試合だった。

 そんな経験が、自然と青山の語気を強めさせる。

「だから内容は関係ないってこと。最後は結果。何でもいいので勝ちたい」

 チャンピオンシップから続く厳しい日程の中でも、チーム全員でバトンをつなぎ、クラブW杯準々決勝へ駒を進めた広島。準々決勝では、開幕戦で休むことのできた主力組も戻ってくるはずだ。勝つための準備は周到に進められている。

 退屈極まりない大凡戦は、しかし、世界に挑むJ1王者とって価値ある一戦となったことは間違いない。

関連記事