2015.12.11

大凡戦に手応えあり。サンフレッチェが求めるのは「結果のみ」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

「大事なのは、結果。十分(な結果)だったと思う」

 納得の表情でそう語ったのは、キャプテンのMF青山敏弘である。

 青山は「試合前日(の非公開練習)に(メンバーを)ガッツリ入れ替えていたので、これで行くんだというのはわかっていた」。それでも「全然不安はなかった」と言い、こう続ける。

「メンバーが代わっても、僕はその選手たちを信頼している。代わって出た選手もいつもどおりプレーしていたし、だから結果が出せたと思う」

 オークランドがボールを保持する展開になったことについても、「相手がどんどん放り込んでくれば、ボールの出どころにプレッシャーをかけなければいけなかったが、あまり入れてこないので(ボールを)持たせていた」

 攻撃に関しては、「急ぎ過ぎて、ボールを失うのが早かった。もう少し質を上げなければいけないのは確か」と課題を認めつつも、「相手の力を考えれば、どんどん仕掛けたのはよかったと思うし、その中でみんなが(もう少し攻撃を落ち着かせたほうがいいと)感じてくれればと思いながらやっていた」と、キャプテンは冷静に試合を振り返る。

 過度に指示を出して押さえつけることをしなかったのは、「初戦なので、大会の雰囲気、外国人のリーチの長さ、レフェリーの(ジャッジの)基準といったことに慣れなきゃいけない」という思いもあったからだ。

 すべては結果のため。過密日程を強いられるこの大会で、ひとつでも多く勝ち上がるためだ。