2015.11.20

サッカー日本代表「若手・中堅・ベテラン」の黄金比率を考える

 柏木も左足からワンタッチ、ツータッチでパスを散らし、チャンスと見れば果敢に縦パスを入れて攻撃のアクセントをつけた。左利きの柏木が日本代表にもたらすものは大きい。左利きの選手はパスを出すときに独特の懐の深さを持っているため、体の向きよりもパスが出せるアングルは広く、敵DFがパスの方向を予測しにくい。柏木はこの持ち味を生かしてDFとDFの間にパスを出していた。

 清武も前線を縦横無尽に動きながらテンポのいいパス交換で攻撃にリズムを生み出し、トップ下としての存在感を見せていた。それだけに、シンガポール戦後に再び足を故障したのは残念でならない。

 ただし、彼らの活躍を額面どおりに評価できるかと言ったら、そうでもない。これは基準をどこに置くかで変わってくる。

 アジアでの戦いを勝ち抜くには彼らのアピールは心強いものだが、その先に待つ「W杯本大会で世界の強豪国に勝利する」という観点に立つと、彼らにはまだまだ足りない部分もある。強豪国と対戦した場合に、金崎は1トップとして、レベルが数段上のDFを背負いながら持ち味を発揮できるのか未知数だし、柏木も守備の時間が増えた時にフィジカルを含めてどれだけボランチとして通用するかという課題が残る。それだけに、彼らが今後どういった成長を遂げるのかを見守りたい。