2015.10.16

J最少失点のFC東京。イタリア人指揮官がかける魔法

  • 小宮良之●文 Text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO SPORTS

<相手が用意できていない状態で攻め入ることで得点率を上げ、敵陣内にボールを入れて失点率も下げる>

 効率に優れるイタリア式は、功を奏している。ウノゼロは受け身に回りやすいとも言えるが、選手が手応えを得ているだけに、今は心理的に後手を踏んでいない。むしろ相手を誘い込み、能動的に計略にかけている。主力を欠きながら(石川直宏がケガで長期離脱、武藤嘉紀が夏のマーケットで移籍、権田修一がオーバーワーク症候群で戦列を離れる)勝率が落ちないのは、チーム戦術が確立されている証拠だろう。

 失点ゼロが前提なだけに、先制された場合は苦しむ。東京はその業を背負っている。しかし、ウノゼロの魔法をかけることができたときには――彼らは無類の強さを誇る。

国内サッカー の記事一覧>

関連記事