2015.09.16

ガンバ遠藤&宇佐美が逆襲宣言「今年も全部のタイトルを獲る!」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports

「昨季、鹿島に勝って勢いに乗り、ナビスコカップ決勝で広島に0-2から逆転勝ち。それから一気に、リーグ戦、天皇杯と獲れた。今回も、そういう雰囲気があるし、チームのムードもいい。しかも昨年、一度すべてを勝ち獲った経験をしているんで、『さぁ、これからだ』という感じで、変な力みがない。(今季もタイトルを)全部、獲るよ」

 確かにチームのムードは、非常にいい。宇佐美がゴールを決めたあと、彼はベンチの長谷川健太監督のもとに走って、喜びを分かち合っていた。信頼してくれる「監督のために」という宇佐美の気持ちの表れでもあるが、ベンチを含めてチーム全体が”ひとつになる”というムードができつつある。

 また、今季のガンバは、宇佐美に加えて、GK東口順昭、DF丹羽大輝、DF米倉恒貴、DF藤春廣輝、MF倉田秋らが、日本代表に招集された。遠藤は言う。

「代表を経験することで意識が高くなり、プレーの質も上がる。代表は選手として成長できるチャンス」

 かつては遠藤と今野泰幸しか知り得なかった代表の”空気”を、今やガンバの多くの選手が実際に味わってきた。その結果、彼ら代表選手の意識は確実に高まり、個々の能力も上がっている。彼らが昨季との”違い”を見せることができれば、それはそのままアドバンテージになる。

 すでに、遠藤はその手応えを感じている。

「今季は失点が多かったけど、(セカンドステージ第8節の)清水エスパルス戦(1-0)で修正することができた。そういうことを、自分たちでやれるようになってきたのは大きい。他人任せではなく、自分たちで考えてやる――(ガンバが)ひとつ、大人のチームになってきた感がある」